史跡めぐり

史跡などを中心に、写真を撮ったりしています。

頼山陽居室跡

f:id:typeblue:20180701211437j:plain

 

広島市中区にある頼山陽史跡資料館敷地内に頼山陽居室跡があります。

頼山陽は江戸時代後期に活躍した漢学者であり文人だったそうです。

 

f:id:typeblue:20180701211744j:plain

 

広島市のど真ん中に、こんな史跡があるとは知りませんでした。すでに記事にした旧日本銀行広島支店に行った時にみつけました。笑

その近く、すぐ裏側にあります。

 

f:id:typeblue:20180701212316j:plain

 

f:id:typeblue:20180701212332j:plain

 

この離れの居室は、脱藩して京都に行った罪で幽閉されていた場所で、その間この場所で歴史書「日本外史」の草稿をまとめたそうです。

 

f:id:typeblue:20180701212937j:plain

 

同敷地内の資料館にも行ったのですが、展示物、文学苦手で難しいぃ~。笑

でも歴史のこと色々学べて、勉強になります!

 

f:id:typeblue:20180701213153j:plain

 

f:id:typeblue:20180701213227j:plain

 

f:id:typeblue:20180701213255j:plain

 

しかし、この狭い離れに5年も幽閉されていたとは。

 

f:id:typeblue:20180701213629j:plain

 

居室は原爆で一度焼失していて、現在のものは昭和33年に復元されたものとあります。

 

f:id:typeblue:20180701213827j:plain

 

山陽先生の銅像

 

f:id:typeblue:20180701214040j:plain

 

周囲の建物を見なければ、ここが広島市の中心地とは思えないなぁ~。

 

f:id:typeblue:20180701213950j:plain

 

この資料館は駐車場も完備されています、文学の史跡に興味のある方には穴場スポットかも。いろいろ資料を頂いたので、これから読んで勉強します!!

 

 

海外レンタカー最安値予約のレンティングカーズ